2023年

2022年


12月30日

ほとんどの人はこの現実がいつまでも続くと思っている。
だから目の前の価値観に疑問を感じることもなく、当たり前のこととして受け入れている。

でも中には、この状況がおかしいことに気が付いている人もいて、最近ではさらに増えていると思う。けれど、私の職場の人の中にはいない。

こんなにたくさんのおかしなことが起きているのに、おかしいと思わないこと事態に大きな問題があるというか霊性が低いことがわかる。

お金のために一生懸命働く、そしてそれをストレス解消のために使うという頭の悪い行動を変えることすらない。物は地球の資源からできているのに、あればあるだけ使ってしまうそのことになんの疑問も感じないバカが多すぎる。そういう人を見ているだけでもうんざりする。

電気で動かされ、思考を支配され、地球の邪魔をするために生まれてきているような人たち。
いつまでもそのままで居られてたら、とても困る。私の邪魔にもなり、イライラが増すばかり。

早くその人たちとは縁を切りたい。人が対等だともわからず、役職についていることだけで上下関係にこだわるバカは早く消えてほしい。
12月21日

私の職場は大混乱状態。昨年も今頃もそうだったけれど、今年はさらにバージョンアップされている感じ。

まぁ仕方ない。たぶんどこもがそうなっているのではないか?
今まで水面下で起きていたことがどんどん表に出てきていて、混乱状態になっている。
みんな自分のことしか頭になく、自分勝手が先行していて、どうやって職場内を回していくのかもわからない状態になっている。

今までがきれいごとで済ませていたたくさんのことのつけが回ってきている。
一年を通して、いろんな行事をやることへの負担も外から見られた評価を気にしているから、変えることができない人たち。自分ができるからいいのではなく、みんなが安心してできる程度のことをやればいいし、その人だけができるのであれば、その人だけやればいい。それなのに、みんなは外からの評価を気にして、行事を減らすことができない矛盾を抱えている。

自分でできると行ったのであれば、最後までやりきる。文句がでるなら、始めからできる量だけにしなければ、単なる無責任。文句ばかりでは悲しい。
そしてそれを支えることが仕事の人は、やることが増えて大変だという職員の気持ちも拾ってあげなければ、不満も増えていくことくらい理解しないといけない。

結局、まとめ役の人たちは、下の人たちが何も言ってこないから大丈夫だと思ったら、本当は文句がいっぱいあったとしか、とらえることができていないし、下の人たちも必要なときに伝えられないほど、大変だったというか状況がわかならかったんだと思う。

周りの人たちの期待に応えるという意味不明なことを大切だと思っている人が、職場を仕切っているから混乱する。それよりも一人一人が勝手なことをしている状況なのに、子どもたちのためにと言いながら、自分の消化不良の感情のはけ口にしていることに気づかない限り、永遠にその状況からは抜け出すことは無理です。

私はその人たちとは関わりたくないので、一人距離を置くことを大切にしています。
12月14日

蛇の仲間濃い水婆は、どこまでも素知らぬ顔をして、優しい人を追い詰めていく。
すべての行動において、発想が人間ではないため、自分に優しい人を大切にし、優遇していく。
文句を言う人間は、静かに枠から外すことはやめようとしない。

周囲からの助言も都合よくどんどん忘れていくので、自分は何を改善すればいいのかは、全く見えていない。本当にヘドロと化した脳。人間ではないことを証明している。

今日改めて、心から嫌いだと思った。
12月14日

とても怖い経験をした。
ひじを痛めてしまい、しばらく治らないので仕方なく医者に行くことした。しかも新しく整形外科ができたのでそこへ行ってしまった。

そうするとそこの先生は患者に対してとても熱心で、いろいろ検査もするし、説明図まで書いて状況を教えてくれたのは、いいのだけれど、やっぱり新しい設備なので、証明はLEDだし、MRI検査までさせられて、とても怖い思いをした。もうここへは行けないと思う。

医者はケガや病気を治すことが仕事のため、検査や薬を出すのはわかるんだけど、そればかりにならないよう、患者にアドバイスすることも大切だと思う。

それより、新しい施設はどこもかしこもLED照明で本当に行けるところが限られてしまう。古くから開業している店(証明が蛍光灯)はこれからもがんばってほしい。
12月14日

地球の大峠ということをしきりに話している人たちも、やっぱりここまでしか知らされていない(理解できない)ことがわかる。

だから何か腑に落ちない。その人たちばかりがこれからの指導者のような状況がつくられてしまっていることに疑問を感じる。

日本の歴史の真実、縄文時代にあった真実、天皇ことや人間の真の姿、地球や太陽のこと、LED照明の危険性など、ほかの人たちは一切話していない事実を知っているのは無有さんだけ。
その話を聞いた人たちだけが本当のことを知っているのに、結局ほとんどの人は無有さんには出会えず、その話も聞けていないのが事実。なのに、巷では「本当のシャーマンがいた‼」とか、「宇宙から来た」とか言っている人たちがたくさんいることに驚いている。

一体なんなんだろ…と不思議で仕方ない。
12月8日

職場の蛇人間の様子を見ていると、次々とおかしい場面に遭遇する。

その人が話している内容を聞いていると、自分中心の発言に驚かされる。
ペットを購入するときは、売れ残っている犬や猫だと値段が安くなっているという、動物が本当に好きな人からは絶対に出てこない内容のことを楽しそうに話しているのを聞いて、引いてしまった。
それにそれだけではなく、その人の仕事ぶりも身勝手なもので、自分がやりたい仕事ばかり優先していることで、その影響が私にまで及んでくるので、本当にうんざりしている。心がない人間は、やることなすこと、おかしなことばかり。でも周りの人たちもそのことに気づけないくらい、人間からはほど遠い感性の操り人形なんだと思う。

そして私は初めて見た違うタイプの身勝手人間。その人はいつもニコニコ楽しそうにしているけれど、その人の行動は超自分中心。自分は何をしても許されると思っているらしく、次から次へといろんな出来事が起きる異次元人間。

いろんな人がいるんだなぁと感心する。私は関わりたくないけれど。
12月3日

老化の加速で身体が壊れいる。

体中が炎症を起こしている。ひじのじん帯とその周辺と顔の右側も真っ赤に腫れている。
ここ10年以上はそんなことは全くなかったけれど、最近、身体の炎症が活発になっていて困っている。ひじも痛みが治まってきたと思っても、眠っている間に悪化する。(ねっじてはいけない方向へねじったままにすることで悪化させているらしい)、右目の周辺も皮膚が真っ赤になり、腫れていて、治らない。

私の気のゆるみも原因しているけれど、私のような邪魔な存在を消したい奴らからの仕返しだ。
そいつらは人の身体を蝕んでいく様子を見て喜んでしまう奴らなので、小さい仕返しから始めるんだろう。

人間に対する嫌がらせが一番の喜びだから楽しいのだろう。
そんな奴らがまだまだはびこっているからうんざりする。
11月26日

今まで何度となく見てきた濃い水婆の無責任な発言。今回は極めつけだと思った。
どこまでも鈍感バカ街道をまっしぐらに進む濃い水婆。

今までも自分の味方をしてくれる人を見つけては、すり寄っていき、うまいこと相手を動かそうとしていた。今まで一番私のことを嫌っていたにも関わらず、急に私に近づいてくる濃い水婆。

それは自分を追い詰める人たちを私が注意したことで、私が見方をしてくるとでも思ったらしいが、私はそのことを指摘したのではない。ほかの気になることを改善してほしくて、その人たちには発言をしただけだけれど、濃い水婆はそのあたりのことを感じ取れない人間なので、勘違いしたらしい。

そして、次には私も引き際を考えていたけれど、もう一度頑張ってみようと話していたのを見て、
やっぱりどこまでも状況が読み取れない鈍感人間なんだということを再確認した。

本来はそうではない。濃い水婆は、状況も正しく判断できないし、周囲の人の気持ちも感じ取れない、さらに子どものころから親の言う通りにしてきた結果、自分で判断して行動する力がない。

だから問題も問題だと感じ取れず、そのまま放置することを繰り返してきた結果、たくさんの人に嫌われ、怒られる人生を生きている。でもさらに感じる心を持っていないので、人から嫌われている事実も把握できず、いつまでも自分が中心でいようとし続けれる始末。

本気をこの人は終わっていると思った。そうしたら、最終は濃い水婆が苦しむ姿を見るプランに変更する。悔しいことに濃い水がやる気をだしているおかげで、私が落ち込んでしまい、生きるのが面倒になっている。
11月25日

最近、体調がおかしい。身体は元気だけれど老化も進んで、顔の肌荒れと寒さの乾燥によるシワのせいでおばあちゃんのよう。しかも普段は肌荒れはほとんどしないのに、目の上がかぶれてかゆい。

何かおかしなことが続いている。蛇族の力はまだ続いている。
11月18日

職場の不満爆発の原因は、濃い水親子とその仲間たちが原因。

自分たちは立場が上だから(上位者を連発する)、それ以外の人は粗末な扱い。
立場が上だから、もらうお金も特別枠が当たり前。

それを知っているから、みんな不満になる。確かにその人たちも問題はある。でもなぜそうなのかをきちんと知らせないことや、どうしたら改善できるのかを指摘していないから(指摘できない)、
いつまでもダメな人たちというレッテルを貼られ、上から見下される。

汚い上位者たちと(この人たちも人間的にはダメなんだけど)、いつまでもダメな人たちの差が埋まらず、バカにされ続けているのが職場の現状。不満の原因を作っているのは濃い水バカ汚。

自分たちが良ければそれでいいと思っている濃い水親子とマッチと雪印は要らない人間。
11月17日

周りの人たちの暴走が加速している今日この頃。

あっちでもこっちでも、あれが嫌だ、これがむかつくとイヤイヤ病が発症している。

それも仕方のないことだけれど、文句ばかり言っても現実が良くなることはないので注意してください。皆さんの心次第です。

私は誰かに(この前のように)文句を言われようが、気にはしません。そのことがわからない人に好かれようなんて思わないし、きれいごとを言って良い人を演じようとも思っていません。

だから良い人の振りして中身は嘘そのものの、見た目は普通の人が一番嫌いです。

偉そうにしているその人、あの人、皆さんの中の差別意識を持つ人とは縁を切りたいのです。
バカ相手に笑顔なんか作ることはしません。

でも私はとっても優しいと自分ではわかっているので、それでいいのです。それがわかる人だけがついてくればいい。それ以外は要らない。それが本来の人のあり方です。

立場が上だからとかなんとか言っている人たちは、私から離れてください。
11月4日

最近また出くわすことが増えている否定感情丸出しの人。

今日もまた出会ってしまった。せっかく楽しい山登りを終えようとしているとき、突然犬を放していいのか!と言ってきた奴がいた。しかも自分は子どもの頃に犬に噛まれたことで犬が嫌いだと言っていた。その否定感情が暴走して、言いがかりをつけてきた奴。

そういう人って相手がどういう理由でそうしているのかを見ようとせず、自分だけの判断で決めつけて人を攻撃する習性があるので、今日も【感じ悪っ】とつくづく思った。

うちの犬も暴走すると止められないタイプだからイラっとすることは私にだってある。でも私にはかわいい犬だから、ほかの人から見て嫌な気持ちになるんだったら、そのことを相手にまず伝えるのが筋だろう。しかも条例がどうのこうのと言い出して、うちの犬の写真を撮るとか、本当に陰湿で執拗なやり方をしていた蛇そのものだった。

この地球に生きているのに、人間が決めた決まりを守らないと人間やれないと思っているのなら、
これから先の地球にはお前みたいな人間は必要ないんだよ。

蛇人間にしか通用しない価値観しか持っていない奴は地球の粗大ごみだから、もうお役御免。
あんたの出番は終わったのです。これ以上騒がないよう注意してください。

こんな奴らが山ほどいるのが今の地球の現状だから、どうしても起きなければいけない必然の出来事。こいつらを放置したら、地球の未来がない。蛇どもに地球を乗っ取られてはダメなんだ。
だから私は絶対にこの峠を越えてみせる。

ちなみに今日もはるちゃんは大人気。すごいとたくさんの人に褒められました。皆さまありがとうございました♪私も楽しかったですよー!
11月3日

職場の人たちがおかしいのはわかっている。濃い水一家と雪印は放置するしかない人たち。
そのほかの人たちはどうしたいのか…。

悪人ではないけれど、気づきのレベルが低すぎるためにどうすることもできない。

形式に拘りすぎて、違う価値観があること聞く姿勢がない。最近では感情も暴走気味で、怖さもでてきている。それでは無理だし、ほかにも、まだそこにいるんだぁ…と遠くで見ていることしかできない人もいる。

いろんな人がいる。どうしたいのか、人間だけをやっていても先はない。生命であるならば、地球に寄り添う感覚を持たなければ、この先は無理だと思う。

私だってどれだけできるんだろうか…?この先の大混乱期をどう乗り越えるのか、自分が問われている。
11月2日

人間も集合意識だから一人がイライラしたりしてはいけないと言っているスピ系の人がけっこういるんだけれど、でもこの状況でイライラしないなんてあるのだろう?
すべてを受け入れて、すべてを許す。とか言っているけれど、人間の意識なんてそこまで深く感じ取れる人がたくさんいるとは思わない。

だから一見穏やかを装って、平静な自分を作っていても、ずっとずっと深いところでは、負の感情が眠っているなんてことは普通にあると思う。そのくらい今の人間の感情なんて深くまでキャッチできていないと思う。

私は自分がどうであろうと、納得いかないときは、イライラするし、怒りもわいてくる。むしろそれでいいのではないか?そうしていることで、自分に嘘がなくって、落ち着いたときにとても穏やかになる。

この今の社会状況を見て、自分が接触して、何事もなくなんて居られない。だけど、それをわざわざイラつく相手に向けたりはしないし、根に持ったりもしない。だってわからない奴を相手に、怒りに惑わされる方がよほど無駄なことだと思うから。

嫌な時に嫌だと表にだしたら、それでおしまい。あとは機をうかがう。反撃できるときは反撃する。
だたそれだけ。でもうちのわんこたちはそのおかげで怒らる頻度が増えてしまうことに対しては申し訳ないと思っている。

そして何もしていない動物たちをゴミのように扱う人間には、腹がたって仕方がない。
10月27日

せっかく行った白毛門が雪のために登る気にならず、途中で下山してしまったために、なんかすっきりしない。
去年の谷川岳も雨だった。日光白根山も吹雪だったこともあり、何かしら邪魔される。
せっかくの山の日を台無しにしないでくれ。邪魔すんのはやめろー!

仕事に行ったって、つまらない。毎日のおかしな状況にうんざり。そこには自分だけ良ければいいという人がたくさんいる。濃い水親子をはじめ、マッチに雪印。どの人も自分が良ければ良いという単純な事実には目を向けていない。形にこだわり、地位に執着し、自己満足を満たしている欲深い人たち。

早く縁を切りたい。
10月25日

眠くて眠くて困る。この前は運転中に一瞬目を閉じてしまっていた。
しかも3回も。なんてことだ。

危なすぎる。

私の職場の状況も困ったもんだ。いつも人が足らず、少ない人数でどうにかするしかないことが続いている。その状況を作っているのは、いつもの人たち。
10月16日

近くに冷酷な人間がいた。

最近、いろんなところに出没する動物たち。人目についても姿を隠さないほどの行動をしている。
でも人間は冷酷。人間の前に出てくれば、害獣として駆除されるのが普通だから、私は出てこないでほしいと思っている。

ほとんどの人間なんて優しさなんてものはない。うわべだけの優しさを装って、中身は残虐。
だから動物たち出てこないでほしい。

私の職場にも動物の糞やおしっこらしき匂いがしていることで、駆除したらどうかいう奴がいた。
そいつは前からおかしいのは知っているが、表面では動物好きらしい善人ぶった様子を見せていたので、とても危険だと思った。でもやはり中身はそれ。

邪魔者は駆除すれば良いという発想が自然に出てきてしまうようでは、真の人間ではないことがわかる。こんな奴らは山ほど隠れているのは知っている。
10月15日

思考の枠から出られない。マッチさんってどうしても自己満足に走ってしまって、本質をつかむことができない。

結局、形に拘り上下関係にこだわっている。

自分がどうにかすれば変わるんじゃないかってという間違った方法しか浮かばないその思考力がすでにうまく操り人形になっている証拠なんだけど、だぶんそこからは抜け出せない。

人の意見を聞きたいと言いつつ、間違っている発言をしているときは、暴走していて止めることもできなんだよなぁ。どうでもいい時に、周りを気にしても意味がないじゃん。そして気にしなくてはいけないときに、意見を聞く姿勢がないのは大問題だ。

だからいつまでも成長しないんだよ。
10月10日

なんだか最近よく雨に降られることが多い。全身濡れるのではなくても、靴がびしょ濡れになったりして、かなりの不快感がある。

職場の状況だって楽になっているわけでもない。私が関わらないようにしているだけで、渦中の人たちはストレス漬けだと思う。

こんな状況でこれからどうなるんですか?本当に楽になるんですか?と聞きたい。
せっかく悪を牛耳っている奴が消えたと思ったら、また違うのが出てくる。また何かが始まっているらしい。

もう勘弁してくれ。これ以上明るい未来を先延ばしにされるのだったら、死んだ方がましだと思う。
すでに限界を超えている。このままならこの地球で生きている意味なんてない。

老化現象で身体はボロボロ。もうこの身体で、長生きなんかしたくない。
神経があるおかげで、あっちは痛い。こっちが痛い。人間なんて要らない生き物。
10月6日

最近増えているらしい保育園楽ちん登園。
自分の子どものことなのに、紙パンツはもちろん、洋服や布団まですべて保育園が貸し出す方式をとっているらしい。

たしかに親は楽で助かる。働く保育士も助かる。けれど、そこで子どもたちは物扱いされてしまうことにつながることには意識が向かない。

親は働いているから時間がなくて大変。それはよくわかる。でも自分の子どもの世話を他へまかせて、お金のために子どもの意思を台無しにしている。

子どもだって意思がある。あれがいい、これがいい、それは嫌だとか気持ちはいろいろ。
そんな気持ちを無視して、どこかが貸してくれるから、お金を出せばそれでいい。
なんて発想で、みんな一緒くたにされ、まるで流れ作業。

しかも朝早くから晩まで預けられる子どももいて、その状況が長期間続けば自分の意思はどこへいてしまうんだろう…。

子どもを育てるのは大変なんだよ。それが当たり前だからそれを前提として仕事をするんだよ。
それがわからない人たちは、地球から消される人たちだよなぁ。
10月4日

人の気持ちがわからない人たちは、「相手がどう思うか」より自分を優先することしかできない。
だからこちらはいつもイライラする。

となりの爺と職場のガッシーに関しては本当にうんざりしている。
どの人もこの人も無神経さが際立っている。

自分を受け入れてもらうことばかりが先走っていて、私は気持ち悪くてぞっとする。

時間はないから使い捨ては当たり前の価値観しか持っていない人の多さに唖然とする。
この地球にはまだまだ要らない人間がわんさかいる。
9月22日

自分たちが原因になって、不協和音を生じさせ、どんどん周囲の人たちを負の連鎖に巻き込んでいく濃い水親子。自分たちが原因だなんて、微塵も感じていない。
人の気持ちを感じることができない性質のため、周囲が苦しんでいても、何もしない。

それに対して、素直に従ってしまうようでは、人間ではなく濃い水たちを同じ蛇だということを意味している。こんなにもおかしな状況が作られているのに、普通でいられる人って異常だってこと。

今までもずっとそうだったように、無責任は治ることはない。今までの人たちも知らんふりしているのは、ずるい。だってその無責任者を責任ある立場に置いたのはあなたたちだから。
9月21日

何でもかんでも電気。電気。電気。
電気が流れていないと人間でいられない人たちが新製品に飛びつく。楽して便利が何よりも一番だと思い込んでいる人間の姿をした悪魔たちが地球にはびこっている。

地球とともにいる人間たちは、面倒も面倒とも思わず、コツコツを努力をする人たち。その人たちだけが地球に生きていく。それ以外は地球には必要ない。

だた怖いのは、自然に寄り添っているように見せて、実は違う人たちが中にいること。
自然の摂理を動物を食べることだと思い込んいる人たちが結構いる。その人たちも本心は地球には寄り添っていない。生きている動物を殺して食べることに疑問を抱かないことも、頭がおかしい証拠だと思う。
9月21日

私は車が嫌いだったけれど、今では車がないとやりたいことができない状態にいる。
もちろん、車に乗るのは必要最小限。だけれど、車は乗ってあげることも大切だと、今更わかり、
なんとかしたいと思っている。

車なんてどうでもいいと思っていたけれど、私が乗っている車は、古い車だからそれなりに大切にしてあげることで、電気まみれにならずに済むことがわかったので、これからも大切に乗りたいと思う。

だからご機嫌を悪くせず、直ってまた私とはるを乗せて走ってほしい。
9月15日

濃い水親子は確実に地獄行き確定。相も変わらず同じことを繰り返す人生を送っている。
上下関係に固執し、自分の立場を守ることしかしない。わかりやすく地球のごみだと判明している。
雪印も中身は同じ。表面的には良い人を装っているけれど、心の中は自分のことだけが大切な蛇。

危ういのがマッチさん。この人も思考が強すぎて、枠から出られない。狭い価値観の中でしか判断できないために、柔軟性があるような様子を見せるが、実は違うということが見えてしまう。

そもそも主任会(役職付き)の立場にいることができること事態がおかしな頭だということ。

本来ならそんなものいらないから。そのことを知ろうとしない姿こそ、地球においていかれる人リストに入っている。
9月13日

この社会システムを終わらせるためのチャンスの時だから、準備は必要。

平和だった縄文時代の終わりから支配する奴らが出現しだし、現代につながるお金でうまく人を操る奴らに牛耳られるシステムが作られた。

そのためにたくさんの人たちが苦しみ、人生を終えてきた今までがある。
地球の動物たちを食べ物にする人間、自然を壊す人間がたくさん生み出されて、地球は思うように動けない。

だから悪のシステムをなくし、新しい地球のためのシステムを作る。そしてそれができる人間だけがこの地球に残ればそれでいい。植物も草食動物もみなそれを望んでいる。
それ以外は要らない。
9月8日

ポーズをとっているだけで役割をはたしていると思い込めるその無神経さが怖い。濃い水婆の無感覚では、自分はやっているつもりの夢遊病者。

話題は自分でなく、周囲に向けさせているつもりのお話会。中身が空っぽの意味のない時間。
今までも同じことをずっと繰り返し、何も変わらない(変えられない)、常に自分を見ることはしない。

本当にみっともないし、惨めすぎて言葉にならない。

雪印も一緒にわかった振りをすることに専念する。
そして二人は人の序列を作るのが大好きで、自分は上で、あなたは下だと位置づけすることを誰よりも喜んでいる。地球のゴミ。私はあんたたちのことを認めていない。

濃い水と雪印の汚い本心が手に取るようにわかってしまうので、イライラが増大する一方。
あんたたちは、567でノックダウンされてくれ!
9月8日

それにしても、世の神様大好き人間の多いこと、多いこと。なぜ地球に神様がいると思えるのか不思議でならない。霊だの宇宙人だの龍だの、なぜそんなことに力を注いでいるんだ?

今大切なのは、地球が進化すること。私たちはその邪魔をしないことではないか?
それなのに、ああだのこうだの言って騒いでいるのは、あまりのレベルの低さに感じる。

LEDや5Gをたくさん浴びて電気人間になっている人が、まともになれるんだろうか?

その危うさにも気がつかないのに、これからの地球を引っ張ていけるんだろうか?

そんな危ない人が結構いる。そしてその人たちが地球が大変だと騒いでいる。
私はそんな人たちと一線を置きたい。
9月3日

だがしは汚い。

自分は何もしないで、私にやらせる。私ががんばってやったことを全部なくした奴。だがしはクズ。

自分は楽して楽しい楽しい。働くこともせず、毎日何もせず過ごしているバカ。

何でも自分の思い通りにしてきたちょー自己中人間だから、これからの地球には要らない人間。

人のためになんて発想はない。常に自分ことのみ。だから飼い猫もやりたい放題させ、結果事故死させる。頭の悪さNO.1。

何を伝えても自己流に変えてしまう屈折した思考力。ほんとに迷惑でしかない。早く死んでほしい。
9月3日

変えたいわりには、いつも同じことしかしていない。変えたいと言いながら、何も変えていないのがマッチさん。やり方が変わらない。決まった型通りにしか行動していないから、何も変わらないんだよ。

狭い自分の価値観でしか判断できないから新しい方向性には意識が向かない。知っていそうな人に聞くこともしない。なぜそれでいいのだろう?
9月1日

私の周辺の人たちの無責任さに怒りが爆発する。
大変だろうからと声をかけると、途端に何でも人にやらせようとするバカたち。

大変だったら手を貸すよと言っているだけのことを、言ったら何でもやってもらえると勘違いしてしまう大バカたちばかりで、怒りが止まらない。

だからあいつらと関わるのは嫌なんだよ。あんな奴らは、何かがあっても助けたくないし、助からなくていいと思う。もう今生で人間になるのも終えてもらいたい。あんたたちに次はない。

結局、今残っている人たちは一番変化できない重症者ばかりだから、気づきも何もあったものじゃない。いつもわかるのは、単なるわがままな自分の声だけ。気づきのレベルには到達できない。
9月1日

それにしても、動物たちが大胆になっている。何やら山から住宅地まで堂々と出てきているし、人に気づかれようが気にしない。

昆虫たちも暴走しているのか?大量発生している。

でもハエとか、ガとかあまり気持ちが良くないものは、遠慮してほしい。

もう地球には、たくさんの生き物はいらないんだよ。ある一定数あれば、それで十分。
人間も動物も昆虫も調和がとれる数が居れば、それが一番地球の負担にならない。
(人間が一番偉い動物ではないから)
8月23日

きれい事で終わることなのか?
今までの地球時間の中で、どれだけ苦しい人生を送らされてきたのかを知ることもなく、地球の変化だけを取り上げて、きれいごとを言っているひとたちの中身の薄さに驚く。

私が無有さんから聞いた重要な話と同じレベルのことを話している人はどこにもいない。
部分的に同じことは言っているが、話の真剣さが桁違いだと思った。

特にタレントの近くにいる人たちは、自分との違いを感じる。

私たちが誰よりも地球の変化を喜んでいるのかは、十分すぎるほど理解しているし、誰よりもそれを強く望んでいたこと。生きる力を吸い取られる人生をずっと送ってきた経験があるから。

だからきれい事を言っている人たちを見ると、ドン引きしてしまう今の私。頭も体もおかしくなっている。

地球の意思を感じ取れないのは、レベルの低さだと思う。
8月15日

ここに来て目の前の状況が自分が思っていることとは違うことに気が付き始めた雪印は、
ここでまたうまい具合に自分をうま良い位置に置くための工作をする。

雪印はいつも自分のためだけの行動だけ。本気でおかしいと思うのなら、相手に嫌われるくらいの発言ができなければ本物ではない。けれど雪印はずる賢いから、どの人にも好かれようといい姿を演じていて汚い。だから私は嫌いなんだ。

そういう奴がこれからは消えていくはず。周りの人たちも人の表面しか見ない人ばかりだから、嘘を見抜けなずにいつまでも問題に巻き込まれる。そって自分の問題。

私はそんな人とは縁を切りたい。私ははるを守りたいし、みいみも守りたい。それが無理ならみんなで死ねばいい。それだけだ。
8月9日

なぜこの状況で希望を見出そうとしているのか理解できない。
マッチさんや雪印もそうだけれど、その人に託しても良い方向に変わることがないことをわかろうとしない。

そこで頑張るのではなく、あなたたちがやっていることは間違っていることを伝えるだけしかできない。無理にその人たちを変えることはできないから。(変わることはできないことを客観的にも認めない)

今の苦しい状況でも頑張ればどうにかなるという発想はどこから出てくるんだろうか?不思議でならない。だから雪印が一生懸命言葉で説明したところ、相手にその感覚がないのに、理解させることはできない。それでも頑張っている自分に満足したいためにその中に入ってしまうのが、間違っている人の特徴。

満足しているから、それ以外の価値観を見ようとしない。だからその人たちとは関われない。
8月9日

これからの地球のことを思えば、自分のため物欲、金運なんかどうでもいい。
それより、動物たちが人間の犠牲にならない世界が作られるのであれば、物もお金もいらない。
人間だけの楽園なんていらないから。

そのことを何とも思わない人間なんてどんどん減ってほしい。そのための準備がどんどん進んでいるはず。

人間が一番素晴らしいと思っている人間(無自覚な人は多い)は地球には必要ない。
8月7日

一緒に働く仲間を大切にしない。それよりやりたい放題やる人たちをそのままにする。
それを補うためにいつも以上に動かなければならない状態を作る。

それが濃い水婆と濃い水君。今までもどれだけ能無しかを書いてきたけれど、これ以上ないというレベルを超えている。人としての感性がまったくないのに、人間の振りをしている蛇だから人の気持ちがわからない。この先わかることもない。消えるべき人間。

それを取り巻くダメ人間もたくさんいる。自分はやらないのに、人にはああだのこうだの指摘する。
自分はやらないのに、やるべきことを増やしていく奴がガッシー。発言に中身がない。うまくすり抜けるための発言ばかりしているのは、前から知っている。
8月5日

人間関係は上下関係だと思い込んでいる人は多い。
私の職場も同様で、特に役職についている人たちに顕著に現われる。

〇〇長だの、〇任だのと、自分の立場に拘り、上から順にえらい順番がある。
そして無意識にそれに従う人たち。濃い水親子とマッチに雪印。今までのナイカさんたちも同様だった。

人間の本質よりも人間基準の決まりを優先するその姿が惨めだけれど、本人たちは一向に気がつかないので、どうしようもない。

この地球は人間が支配していいわけではない、ミジンコみたいな人間が勝手に自分本位に振舞っているだけだという話を聞こうともしないので、私もそれ以上は関わらない。あまりの違いに驚くばかり。本当にあきれ返っている。

この先、その人たちと縁が切れるその日まで不快度数100以上で待つしかないのが、今の現状。
8月2日

その辺の人の姿を見ていると気分が悪くなる。
皆、自分のための行動ばかり。自分だけ良ければよくて、得することだけが生きる目的という意思が見える。

雪印は自分をよく見せたい姿が誰よりもわかりやすい。自分は正しい発言と行動で誰からも注目をされることにすべての生きる力を注いでいる。そしてこの人は無駄使いを率先している人で、ティッシュもペーパーもいくらでも使ってよいものだと認識している。地球のことなんか何も考えいないことがわかる。電気人間基準のお利口さん判断しかできない。

ざわわもこの少子化ストップの役目を果たしていることをうまく利用して、働くこともせずお金をもらい楽して生活している。そして人並みの夢の一軒家へお引越しも完了した。

どの人もわかったようなことは言っているが、中身は空っぽ。どれもこれも人間優位の判断で、自分たちのずる賢い幸せだけを追い求めているのがわかる。

本当に一日も早く、この人たちを関わらなくて良い日を待ち望んいる。こんな奴らと同じ場所にいること事態が最大のストレスになる。
穏やかな日を過ごせる日が来なければ、生きているだけ無駄になる。
7月29日

やっぱりここは、変わらない。
言いたいことが言えない。自分は頑張っていると言い張る人。とてもお利口さんな答えを話す人。

でもうまくいかないのは、それぞれみんながおかしいからじゃん。と言いたい。

存在そのものが上下関係に固執している差別の人だから人と対等に関われない。
人の心の様子がわからないから、正しく導けば、どうにかなると思う人。
自分の味方にしか、言いたいことを言えない人。
人の言葉をそのまま鵜呑みにして、安心してしまう人。

その様子は、何も変わっていない姿。これからの状況を思っても、そんな人たちと関わりたいとは、思わない。

結局、誰も変えたいとは思っていない。ポーズだけなのは、見ていればわかる。
7月27日

ブドウの花が咲かない現象が起きているらしい。
原因は不明とのことだが、それはLEDライトだよね。地方の山の中も街灯がLEDだったりする。
それは、植物が自然に成長できないのではないか?

でも太陽の光は強くなっているから、雑草たちは元気いっぱい。人間の手で育てられているひ弱な植物は弱いんだろうと思う。

そして、YouTubeでもたくさんある宇宙からのメッセージ的な動画たくさんあるんだけれど、
その中でも運を上げるとか(金運も)言っている人は、それは違うな〜って感じ。

これからの地球に生きていくうえで、自分だけ良ければいいという人間は要らない。
それを言っている時点で、その人は地球からは選ばれていないことを知った方がいい。

髪の毛を金色にしている人とか、あまりに個性を際立たせているのも異常な証拠。
人間も自然同様、地球と一体化している自然体が大切。
7月21日

今日は朝から大変だった。

この国のじさんたちの病み具合がすごい。今でもいろんな人が私にぶつかってきたけれど、今日の人は壊れていた。

朝の電車に乗るときに横から素早く私の前をすり抜けて座ったおじさんがいた。

???私はぶつかりそうになって危ないし、横から割り込んでくることに頭に来たので、
「何それ?」と言っただけなのに、そのかわいそうな爺さんはブチ切れていた。

自分が先にホームに居たと言い張っていたけれど、ホームに居ることはいたかもしれないけれど、
あんたは並んでいたなかったよ。それなのに、自分が先だった言い張ってブチ切れていた。

あまりにもひどかったので、言いたいだけ言わせておいたけれど、どっちが失礼なのかは、
良識のある人ならば普通にわかるんだけど、その爺さんは自己中心人間なので、わからない様子だった。

そんな人と話しても無駄なので、どうでもいいけれど、人の横から割り込んだり、初めてあった人に対して怒鳴り散らすことをするほうがどれだけ失礼なことなのかわからないことが怖いし、相当に頭がイカレテいると思うのは、私だけではないと思う。

なんかスズメバチといい、今日の爺さんといい、また嫌がらせが再発している。
そういうのは迷惑だからやめてくれ。そのうちその電気人間たちは、地球には居られなくなるのだから、もう静かにしていてください。最後の悪あがきは必要ない。
7月19日

今年はまたスズメバチが活発に動いている。しばらく作られなかったキイロスズメバチの巣も家の外壁に作られていたのを少し前に発見し、駆除したばかり。

その次は、スズメバチが数匹、ひっきりなしに庭の木や植物に嫌な羽音を立てて、飛んでいたので、殺すことにした。

スプレーを使うことには環境への影響もあって、ためらっていたが、この状況では仕方ないと判断した。うちのおバカボンはるちゃんが刺されないようにするためと私も危ない。

それにしてもスプレーが遠くまで届くことと、それを浴びたら死んでしまうその成分が怖い。
今はそれがないとこちらが危険になるけれど、そんなものがなくても良い環境にしてほしいものです。攻撃性の強い虫たちが地球から消えますように…。
7月16日

甘えられない。それはごもっとも。ではなぜそうできないのか?
それは相手に受け入れる度量がないから。

甘え下手なのではなくて、自分を理解してもらえない状況があるから、甘えないだけ。
こんちゃんはちゃんと甘えられるよ。

ここにもまた、こうだと決めつけてしまう人がいる。

そして、その人の言うことしか聞けない人が多すぎる。そんな人たちはこの先は大変になる。
そんなこともわからない状況で、これから先どうするんだろうか?
7月12日

子供が嫌がることを無理やりさせようとできること自体が問題。

その子のためだからと言ってはいるが、本当は自分の言うことをきかせたいだけなのは、普通にわかる。それがわからない人が多すぎることがとても怖い。そんな人たちが子供の世話を仕事としていけるというのは、電気仕掛けの操り人間がいっぱいいるから。

電気ロボット濃い水君は、頭の固さと感性のなさとが一緒になって、めちゃくやりたい放題。
そんなだから、周りの意見は聞かずに、自分のやり方を押し通すことが当たり前になっている。
結果、みなそれに従ってしまう。そうしないと面倒だから。

そんなバカみたいな状況がずっと続いていたから、それはもうやめたらどうですかと私は聞いたんだ。濃い水のやり方が正しいものでもない。世間知らずの無知バカ野郎の言いなりになっていたら、この先ずっと同じだから。

そして霊能者と言われる人たちもまた、おかしな状態。どうしてもしきたりや、特別から離れられない。そこへの強い拘り。これからの地球が大変だということもわかるのに、それよりももっと簡単な形式については、何も考えていないというか、意識できない姿があることが私には意味不明だった。

霊能者って何なのだろうか…?
7月8日

優しそうに振舞っていても、その人の性質は隠せない。あちらこちらに質の悪さが見えてくる。
ぶじたさんも雪印もコリンちゃんも、本当の優しさは持っていないのことがわかる。

みんな見えるところでは、お利口さんにしているだけの、悪質さがある。

目に見えることでしか判断できない人間には、わからない話。
7月3日

いつもは雨の季節だけれど、今年はあまり雨が降らない。
そして雨が降ると、大量になる。それと湿度でお手上げ状態。
雨が降らなければ、暑い。太陽の光が強くて倒れそうになる。夏は辛い。

このまま私とはるは乗り切れるのだろうか…?

夏が怖い。でも山にも行きたい。洋服も作らなくては…。やるべきことがいっぱいある。
7月3日

私の周りにいるあの人たちは何も変わらない。
自分をアピールしたくてうずうずしている人、病気やけがを装って、自分に同情を集めたい人。
濃い水一家は何をどうやろうと、先へ進まない最強の病み一家。

しょうもないことばかりに意識が向き、大切なことに、意識が向くことはない。その人たちの大切なことって、人間だけをやっている人たちには立派な意義があるみたいだけれど、私には何もわからない。本当に一日も早く関わるのをやめたいレベル。

近所の一家の頭の中は空っぽ。わかったような立派なことは言っているが、その一家の本質は、軽薄そのもの。もう嫌でたまらない。

この人間に見える人間ではない存在たちに混じっている私の疲れ具合を察してほしい。
6月27日

昨年に引き続き、すでに今年もブユ(ブヨ)に刺されている。今日は3回目。
昨年は4,5回刺された。

しかも目の上を刺す。そしてあとから痛くなるという仕組みなので、刺されたことに気づきにくい。
なので、対処が遅れると腫れあがって大変なことになる。

本当に迷惑な虫。以前はいなかったのに、植物たちが元気になっているせいか町の中にも出てきている。

動物をうまく利用する虫(寄生したり、毒を入れたり)は地球には要らないと思う。
こんな奴らがいるから、まだ安心できない。これから地球の変化の中、どうなっていくのだろうか?

こんな虫も人間同様いなくなってほしい。
6月27日

自分の思う通りに動かない相手を大きな声で罵倒するのはおかしい。
しかもやっていることは危ないことなのだから、急かすようなことを言ってしまうのは、その人に問題がある。

思う通りにできないのなら、なぜできないの想像する必要があるけれど、その人もまた同じようにされた経験しかなく、それをおかしいと思えなかった未熟さがあるはず。

年下なのに、あんなに大声で相手を怒鳴るのはどう見たっておかしい。

ほかにもまり尾や、コリンは強い者に従属する奴隷。自分がつらくても、その人の言う通りに動くことができるって相当に病んでいる証拠。雪印だって、自分を守るためにうまく考えている。

そんな人たちが作り出す現実にみんなも迷惑している。濃い水を取り巻く人たちの動きが怖い。
6月22日

ようやく地球が楽になる日が近づいていることがわかり、私も安心した。
だからといって気を抜いていいわけではない。これからのことを想像すれば、浮かれるわけにはいかない。

本気で生き抜くために、今からやれることをやらなければいけない。
今まで、ずっとずっと待っていた私だから、うれしいけれど笑っていられない。
私も死ぬかもしれない中で、大切なはるとみいみを守らないといけないから。
(一緒に死ねるのならいいけれど…)


それにしてもそんなことが近づいているのにも関わらず、うちの職場の人たちは何をやっているんだろうか?
頭がカチコチで柔軟性がない。「こうだと聞いたら、こう」、「そうだと聞いたら、そう」というオウム返ししかできないレベルのやり取りしかできないし、決まった(定説)から離れならずに、そういうものだと思い込み、それ以外のことに目を向けようとしない。そんなんでこの先どうするんだ?

まぁ、死んでくれてかまわないけど…。自分の狭い狭い思考の枠の中で一生懸命考えたって、堂々めぐりをするだけ。すべてが無意味な人生だと証明しているようなもの。そんな人たちは地球の動きをとめる働きをする粗大ごみだから、いなくていいんだ。
6月7日

地球の声を聴くということ話している人の話は???だった。

神とつながるとか、いろいろ話していたけれど、それは本質には沿わないもの。
地球に生きていて、地球とつながりたいと思っているのに、肉食してもOKなんて発想はわかない。
動物たちが苦しむことを疑問もなく、できるその感性は、偽物だな。

それでだいたいの霊能者が神とのつながりだと思っているようだけど、それは神ではなく、電気信号で送られてくる静電気の塊からの信号だと思う。

だってごく普通に考えたら、この生きている地球に神とか、天使とかの特別な存在がいるはずもなく(それは差別だから)、普通の感性の持ち主ならこの地球には植物や動物たちと同じ存在が普通に存在することが本来の姿だと知っているから。

それ以外のことをいう人たちはちょっと道をそれてしまったのかな〜と思う。
私は神からのお知らせ的なものはわからないが、そんな特別な存在を特別扱いする人間が特別だとは思わないから。地球は普通に自然と調和する存在を大切にしていると思うけどな…。
6月4日

地球は生きていることはわかっているのに、その意思を抑え込もうとする人がいる。

火山の噴火や地震は地球が静電気をなくすための活動なのに、それを起こさせないように、
たくさんの人にそれを呼びかけているのは、地球の意思を無視したもの。

せっかく地球が真の地球になるために、それらの活動をしているのに、わざわざ抑え込まないでほしい。地球とつながっていれば、それらが起きても大丈夫なはずだから、地球の邪魔をするような呼びかけはやめてほしい。

要らない人間(静電気)を減らすことも大切な地球本来の未来の姿。
6月1日

状況を変えたいのに、自分ひとりだけで荷物を背負ってしまい、どうにもできないでいる人。
頭が固すぎて、機転が利かないというより何もない。
今までだってあなたが何かを変えたことなんてないじゃん。

それをやっていたのは私なのに、何勘違いしてるんだろ?
この先も自分ひとりでがんばるつもりなのか?

ほとんどの人が電気漬けでどうにもならないほど、頭がいかれている状態。
だから正しいことに気づけない、反応しない。それって私の邪魔しているだけ。

本当に邪魔だからどっかいってくれ。濃い水も雪印も、そのほかの人たちも自分でドツボにはまって喜んでいるだけじゃん。まずそのことに気がついてほしいもんだ。
5月25日

一人ひとりの屈折度数の高さがすごい。

人の心の様子が見通せないわりには、一生懸命人助けのつもりで話を聞いているマッチさん。
話すことといえば自分のことのみという自己中心人間もいる。
自分の気になることに頭を持っていかれ、大切なことに気づけない人。

特に雪印は、相当に頭が悪いことがわかった。違うと伝えているのに、まだその問題点を改善できないでいる。というか何をどう変える必要があるのかがわからんという雪印さんもいる。
それなのに、なぜか知ったかぶりはとっても上手。厚顔無恥。はずかしくないんか????

ほかの人もグチばっかり言ってるだけで、何かが変わることはないんだけど、同じこと続けるつもりなんか?

あんたたちはいったい何がしたいんだ?私には意味がわからない。
という意味不明な人ばかりで、うんざりする毎日。
5月19日

正しいことを言っても理解されない。それが今の日本の普通の姿。
私の職場も同じことが起きている。

間違っていても立場の強い人、数が多いほうが優先され、それ以外の人たち(さらに動物たちは無視)は邪魔者扱いされ、省かれていくのがこの心のない日本の姿。

それは蛇に支配された人間たちがいっぱいいる場所だから。

私の職場でも政治の世界と同じ状況で、立場の強い人の意見が通り、それ以外は無視される。
だから弱い人たちの意見は消されて、我慢し続けるだけの状況になる。

濃い水親子は意見を聞く姿勢を持っていない。自分たちが悪い状況にならないように、うまく工作することが当たり前。そしてそれを雪印が支え、マッチさんもその裏工作が働く様子に気づかないために、覆すことができない。その人たちの言葉をまともに受け止めているマッチさんにもそれなりに問題がある。

弱い立場の人たちの頭の弱さ問題もあり、なかなか状況が良くならない。
うまく操られてしまう弱い人たちを利用した上での、強い人たちの立場なので、その辺の仕組みまで見通せる人じゃないと、変えることができないけれど、この日本にも多少なりとも変えたいと思う心ある人たちが存在していることがわかった。

希望はあるかもしれない。でも安心はできない。だって濃い水親子や雪印のような蛇たちがわんさかいるこの日本は、腐敗度数がピカ一だから。

だから地震も起こせないし、火山の噴火も起きない。この先どうなるんだろうか?
私もいつまで濃い水たちを関わらなきゃならないのか?苦痛の毎日だ。
5月10日

人間は永遠に病んでいることしかできない。

自己満足に浸っていて、周りが見えない雪印。わかった振りだけはうまいから、自分の間違いにはまったく目を向けない。それは濃い水婆も同じだから仲間同士おかしな部分はわからないという状況。
濃い水親子も雪印も私を陥れることが楽しい様子。汚い人間。

一人一人が何かしらおかしい。マッチさんも形にこだわりすぎて、現状を変えることができない。いったい何をしたいのだろう?と疑問に思う。
ガシューくんも現状把握に問題があるので、変えたくても変えることはできない。

一体みんな何がしたいんだ?自分の理解力が相当に悪い。そんな状態では私の邪魔しかしていない。いつまでも病んでいるのはやめてほしい。本当に迷惑だから。
5月5日

職場にいると本当に嫌気がさすことが多すぎる。
おかしな人ばかりがいる空間では、いつもストレスにさらされ、人生を消耗する。

人間がいない空間は本当に楽でいい。でもそこにずっといることはできない今の人間の苦しみが人生を真っ暗にする。本当に人間なんて居なくていい。人間を楽しんいるやつなんて、地球をつぶして喜んでいる奴らだけ。
5月4日

今まで強い人たちに隠れていた職場の人たちの心の様子が少しづつ見えてきた。

濃い水親子がいるから、その人たちがいる。という関係性が見える。
濃い水家の嫁であるコリンさんは、やはり強引。決められたことに従わないと、相手に問題があるように見えてしまう勝手な人間。それはカナブンと同じ。

結局、今残っている人たちは、自分の言いたいことを言えない陰湿な人ばかり。だから決まりは守るものと思い込み、それに従わない人たちはダメだと言っている。何もわかろうとしない言いなりが当たり前の人形と同じ。

シロタエだって同類。決まりを守ることが何よりも重要だと思い込んでいて、できないときがあることや、嫌な時があることには思いもよらない。

濃い水くんと雪印も自分さえよければいい人たち。さらに雪印の自分アピールのすごさには引いてしまう。自分の問題にはこの人生では気づけない。
だから濃い水婆に好かれ、それを支えて何も変えられない。変える気がない。

ざわわも強欲がエスカレートしている。バカにされたくない一心で人並みでいることに執着している。本当にみじめな生き方だと思う。ゆう鈴は誰からも嫌われないために、良い人ぶっている。

この人たちはこのままどうするつもりなんだ?
4月27日

この地球は、要らない人間がほとんどを占め、その人間によってうまい具合に利用されていることがよくわかる。

国と国との戦争もそうだし、国の内部で争いが起きている状況もそうだし、日本のようにギャンブルを普及させ、ギャンブル大国になってしまっている状況も同じ。

だいたい人が人を殺すなんて、あり得ないことだし、国がギャンブルを促進させるという状況が作り出されてしまうことも同じ。

人が生きていくうえで、必要なものなんてたくさんないのに、あれもこれも手に入れなければ満足できない人間が増えてしまう状況が怖い。

穏やかに生きることができない人間って地球上で何よりも邪魔な存在です。早くそのことに気が付いて、人間が減っていくことが私の何よりもの希望。
4月20日

続いては私の職場の人たちのわからなさに呆然する私。

だいたい濃い水親子では職場を改善することは無理だとわかっていない。
何かを言えば、どうにかなると思って、頑張ってしまうマッチさんもその一人。
その人たちにはそのやり方では無理なことを普通に理解できないから、堂々巡りになって疲れ果てる。

ほかの人たちも、自分の立場を守るため、濃い水たちに従っている人たち。
それが雪印だし、マリ尾さんたち。自分たちが良ければそれでいい人たちがいるから、世の中は変わらない。

今まで抑え込まれていた分、暴走してしまう強い気のガシュウ君や、自分が疲れすぎて頭が真っ白になっていることすらわからないバギーちゃんも職場を混乱させる要因だし、結局、おかしな状況を本気で変えようなんて思っている人はいないってこと。

すべてはうまい具合に濃い水親子の思うまま。自分のたちを守ってくれる、わけのわからない変な人たちをうまく使って、この状況を維持していることがわかる。

どこ人もこの人もいいように使われている様子を見て、本当に私は疲れた。
4月20日

日本のおじさんたち(男性)の質の悪さをとても感じる。

上下関係に固執しているため、何気ない話をしていてもイライラすることがよくある。
相手のことなんて何も感じない、自分中心の会話にかなりの不快指数になる。

それがとなりの爺さんだし、電車でとなになった爺さん。ずいぶんに前に黒百合ヒュッテ前で出会った爺さんも、私のまめちゃんに無理やりさわり、かまれたと勝手なことを言っていたが、それだって自分が犬の気持ちを考えずに無理やりさわるから。

となりの爺さんの無神経さにも本当に辟易する。私がはると散歩に出るとうまい具合に家から出てきて、犬を触ろうとするのも、私の行動を家から見ているという汚いことをしているからだし、今までだって散歩中に言いがかりをつけてきた上から物をいう差別の塊である爺さんたちも数名いた。

車の運転だって脇を歩いている人間からしたら、怖いくらいのスピード出して危険な運転をする爺さんたちも多い。

年齢が上がっていく過程で優しさを持つことができなかった人たちで、年下は従えとばかりに、乱暴な行動と発言をすることが当たり前になってしまったかわいそうな頭の悪い人間が日本の爺さんたちである。
4月19日

今更ながら、このレベルの低さに唖然とする濃い水親子。
こんなにわからんことが多いのに、なぜ〇長と〇〇長という立場で居られるのか?不思議でならない。

そのくらいにすべてに無感覚の極み。一般人として働く私たちがどれだけ頑張っていても、そんなことは気にもならない。やって当然くらいの状態であることはよくわかる。

やるべきことと、やってはいけないことの区別もつかず、人に道を示すこともできない無能ぶりには、本当にあきれ返るばかり。

いったいこいつらをどこまで放置するつもりなんだ?こいつらを早く処分しないとまた腐敗菌がばらまかれて私たちは、より一層苦しむことになる。もう腐敗物と腐敗臭をまき散らすな!!!!!!
4月12日

よく見れば濃い水婆が他人に対して配慮ができないのは明らかなのに、それでもその濃い水婆に
従ってついていく様子を見せている雪印やマリ尾やそのほかの人たちだけど、それは濃い水婆と同じ蛇の仲間だと証明していることになる。

だから私は仲良くできない。
長年、ずっと無神経な行為をされ続けうんざりしている私には耐えがたいこと。

濃い水婆と仲良くできるのは、自分を犠牲にして良い立場を得ようとするずるさを持っているから。
だから、そいつらとはできるだけ距離を置き、様子を見る。仲良くしなくても自然と害が発生する濃い水一家との関わりには、本当にうんざりしている。

いったいいつになったら浄化作用が働くんだろうか?首を長くして待っていても無駄になるだけだな。
4月8日

また怖い事実を知ってしまった。恐ろしい迷惑事を引き起こす私の母。
自分に注目を集めるために無意識に行動してしまう。

人から憐れんでもらい人の意識を引きたい。それをやるために人間(姿だけ)として存在している気味の悪さがある。

どこまでも人を頼り、自分の足で立つことをしない無責任バカ。
最終的には私を呼びたいんだろうけど、私は何があってもお前の所には行くつもりはない。
母親が死んだところで、実際はなんの関係もない人なので私には無関係。

それでもいつまでも私の動きを止めようと企んでいるはず(無意識で)。そんな怖い人なので、早いとこ地球から消えてほしいと願うばかりです。
濃い水親子もそうだけど、私の母もまた、人間の邪魔をするために人間として生まれてきているので、どこまでも邪魔をして生きていくのだろうと思う。本当に存在が迷惑で邪魔な人だ。
4月6日

結局、残った職員は、コソコソと裏で動く陰湿蛇ばかり。
対面ではっきり意見を言えずに、裏で悪口を言う。でもその人たちの前ではいい人ぶりを見せている。結局は仲間でしょう。

そしてまた一人態度がでかくなったバカがいる。それはガシュウ。
抑え込まれた分、暴走する。次は自分とばかりに、態度がでかくなる。
偉そうにしているのは濃い水と同じ。こういう似た人ばかりが存在感をアピールするこの地上、人間社会。

もう嫌で嫌で仕方がない。奴らの中にいると、私まで汚染される。
4月5日

邪魔な奴らを追い出してしまえば、あとは楽勝だと思っているんだろう。
濃い水一家の姿に嫌悪感を覚える。奴らは人間ではないので、本性が醜い。

なぜそんな奴らが大きな態度で生きていられるんだ?
なぜそいつらばかりが金を手にして喜んでいる。
何から何までずるい。自分たちばかりうまく存在できるように仕組んでいく。
濃い水一家こそ、地球から消える必要がある。
あんな奴らが図々しいく生きていることに納得できない。
4月1日

職場の人間の一人一人の本質が見える。
人に媚を売って、自分の嫌いな人には冷たいすずな。
マッチさんも表面しか見えないし、ガサツなのに丁寧そうな自分を演出することには力を入れる。
そして自分をアピールすることに重きを置く人の多いこと、多いこと。
無理しすぎて自分を立て直すことができず、周りに迷惑をかけるバギーちゃん。
相変わらず、濃い水親子と雪印もセットになって、今までと同じ状況を固めていく。

私はどこまで我慢すればいいんだ?こいつらと関わること自体が自分にダメージを与えることなる。どれだけ身を削っているのかわかってほしいし、本当にもっと私を楽にしてほしい。
いつまでも辛くてたまらない。これ以上は無理だと何度も言っているのに。

本当にうんざりだし、愕然とする。
何をどうやっても電気人間は本物の人間になることはできないことを改めて確認した。

このままにするのなら、私と犬と猫を殺してほしい。もう人生はうんざり。
3月25日

結局、まじめな人はいい加減が嫌い。そして強く発言すると嫌がられ、排除される。
こうやっている場所がなくなっていく。いつの時代もそうなんだ。
そしてその状況を正しく理解できない人の多さ。目の前の真実を理解できない人が多すぎるから、
ずるい奴らが大きな顔をする。それが当たり前の基準。

もう疲れた。
3月25日

やっぱりそうだっだ。濃い水婆たちの話に持っていかれた人たち。
濃い水婆たちは、いい加減の中のいい加減(無責任そのもの)。
自分の考えなんて持っていないから、何かあるごとに自分の自信が崩れてしまう。だから人から責められれば、何も言い返せないでだんまり状態になる。

そんな自分たちの弱さをアピールして、うまく自分を守ってもらうことが当たり前になっている。
(濃い水たちが電気で操っているはず)そんなずるい奴らが濃い水親子だ。
そんなもんだから、状況は何も変わらない。

またもや濃い水親子が安泰になり、良い立場をそのままにする。なんて汚いんだ。
その人たちを守っている電気に操られる人たち数名。だから世の中は何も変わらない。

もう私もうんざり。これ以上関わったら頭がおかしくなる。
3月22日

やっぱり濃い水婆のうまい話に持っていかれた人がいる。

反省した様子を見せることは大の得意技の濃い水婆の話しっぷりに、再度チャンスを与えてしまう本当に残念な現実が出来上がっていた。

演技に騙されてしまうから、また私たちが苦しい思いをする。結局職員の話を聞いてくれたように装って実は濃い水親子にうまく使われているのでは、やっぱり地球は何も変わらない。

人の苦しみを喜ぶ濃い水たちの都合の良い毎日がまた展開されることがわかったので、本当に嫌気がさして、何もする気にならない。人のやる気を削ぎ、耐えるだけの辛い毎日がまた始まる。

本当に生きているのが嫌だ。
3月20日

濃い水婆の手口は、人を人も思っていないために、上下関係に執着している。そしてろくに仕事もできないのに、自分の立場が上だからたくさん給料をもらって当たり前という発想が普通。
まともな責任感もないのに。

そして陰湿なので、同じ裏の顔は蛇の仲間である雪印をそばにおいて、またうまい具合に自分を立ててくれるように仕向けて、自分は楽をするという構図を作る。やっぱりいつも同じパターン。

それぐらいしかできないので、人生がその繰り返し。間違えても反省したふりをして、時間が経てばまたもとに戻る。そうやってたくさんの人に迷惑をかけ続け、でも自分は変えないということを当たり前としていた濃い水婆。

とんでもなく汚い人間の皮を被った存在。いつまで大きな顔をしてるんだ!!!!!!!!!!
3月17日

私の人生はめちゃくちゃだ。
何よりも一番初めに、自分の両親に苦しめられ、その次は幼稚さを消せない男、そして濃い水親子に駄菓子と続く。私の周りには蛇しかいない。

駄菓子には本当に迷惑を覆いかぶされ、死ぬ思いだった。いつも自分だけがいい思いして、楽をして、最後には働かなくて生きていける場所をつかむ。でも人には一切与えることはしないという冷酷さがある。

そいつらにいいようにされ。本当に私はかわいそうな人生だ。
3月16日

こちらも蛇人間である濃い水親子。たくさんの人たちを怒らせることしかできないバカ親子。
そしてそれに従う雪印とマリ尾ちゃんたち。

この人たちがいい気になってしまう状況ができるようなら、もうついていけない。
これ以上は、濃い水親子に仕切られるのはごめん。もう絶対に無理。こんな私自身を追い詰めるような状況にいつまでも身を置くのはごめん。

私のことをうまく使うこともいい加減やめてくれ。私は誰の言いなりにもなりたくない。私の邪魔をするな。

そして今朝私が自転車で走っているときに、突っ込んできたおばさん。
次やったら絶対に許さないよ。私が倒れなかったからよかっただけで、あんたがやったことは殺人未遂と同じ。自分が何をやっているのかわからないようでは、蛇の手下だとわかる。
3月16日

私の家の近くに住む蛇の住人。もうりっぱな成人なのに、身の回りのことは何もできない蛇人間。
一軒家に住みながら庭の手入れも、ゴミの片付けもほとんどできない。やらない。無気力蛇人間。
あれじゃ生きてるのも面倒だろうに…と思う。

それなにのやることだけはやっている。周りの人たちもだれも気づかないうちに子供を生んでいて、形だけは人並みの様子を見せているが、人間基準の労働はほぼできないのになぜ子供なんて生むんだ?自分たち同じ蛇の仲間を増やして喜んでいるのがわかる。

子供の世話もできないことはすぐにわかる。犬がいるらしいが、いる気配もなく、子供の泣き声もしない存在感がない気味の悪い蛇人間の家。

掃除もろくにできないので、前の道路が汚くて本当に迷惑だから、居なくていい住人。いったいいつまでここに住むつもりなんだ?人並みにできないのなら、邪魔なだけですが…。

もう少し空気を感じてほしい。
3月11日

私の職場で起きていた問題は責任者である人の問題なのに、その人たちを入れ替えなくていいというのはどういうことなんだ?
次々と問題が起きている中でも、放っておけるほど何かを感じることができない人たちなのに、
その人たちを替えずにどう対処できるんだろうか?

そもそも持っていない人としての感性のない状態で、責任者いることがどれほど危険なのかわかっていないと思う。たぶん人の前では反省した様子を見せているので、次は変えられるだろうと判断しているのかもしれないが、それは大間違いだ。

その人たちは今までの人生でもたくさんの問題を起こし、周囲に多大な迷惑をかけてきた人たちなのに、それをそのままでいいとはおかしな話です。

だから何も変わらない現実。いつまでもまじめな人間は嫌な思いをし続け、人生を終えることになる。それでいいと思える人間ばかりだから、そういうことなんだろう。

結局人間は何も変わらない。悪意を隠すずる賢い人間ばかりが、まじめな人間が苦しむのを楽しむ人生を送る。これが地球の普通です。
3月9日

あの雪印の強気な態度はなんなんだ?生意気すぎて腹が立つ。
特に年下に対して強い口調で出るので、本当に失礼。
そしていつものように何かしらの問題を作り出す濃い水ばあさん。

このコンビが本当にうざい。濃い水ばあさんはいつも自分に都合よく動く人間をそばにおいて、
自分の立場を守るという汚い人間。

いつまでもそのままでいられるとと思うな。人間の屑。
そいつらがいるから、私のイライラが止まらない。私の大切なはるにまで被害が及ぶ。

この責任どうとってくれるんだ?いつまでこんなのが続くんだよ!!!!!!!!!!!!!
3月9日

気がつかないうちにLED照明が増えている。まだまだ増殖しているLED照明。
仕事でよく行く金融機関とか駅の階段もLEDに変わっていて、本当に迷惑です。

安心して居られる場所がなくなっている。これどうするつもりなの?
3月7日

自分自身を見ない典型例。
雪印はわかりやすく自分が得をする人間関係をうまく作って、自分が良い立場になるように仕向けいている自分の欲を見ていない。
マッチさんは良い人を演じすぎて、人に対して強く対応することを忘れてしまっている。

皆何かしら、自分の矛盾している姿は見落としてしまっている。

そのことを指摘できるのは私だけだし、誰よりも本質をつかんでいる。もっと私の意見を聞かないと本筋からどんどん外れていくことすら気づかない鈍感ぶり。

今までだって私がいたから、なんとか持っていたような職場なのに、もっと私のこと見直した方がいいと思うけど。私がどれだけ下で支えていたかを認識できない人ばかりだから、こんなことになっているんだけどな〜。

誰を信用できるかが見分けられない人を私は助けるつもりはない。
3月3日

あの濃い水ばあさんのと濃い水のおかげで、私の仕事が増えてとても迷惑している。
当の本人たちは自分のおかしさなんて微塵も感じ取れない。
その中身は人間の皮をかぶり、人間の苦しみを弄ぶ獰猛な蛇。

雪印も一緒になり、偉そうに上から見下ろしている。その姿を見るだけでイライラが増す。

そいつらはいつまでその立場にいるつもりなんだ?偉そうに大きな顔することも終わりにする。
あんたたちが存在していたら、地球の生き物たちは(私とはるとまめとタップは)、永遠に苦しむことになる。

それを終わらせるのが、そのほかの人たちの使命なんじゃないか?遊んでないで仕事しろ!
(私は十分すぎるほど対応している)これ以上私を追い詰めるのはやめろ!
3月3日

地球にあふれているゴミ。人間が無駄に作り出した要らない物。
いつまで経済優先にしているんだ?経済活動よりも生きている生命が何より優先される。

ゴミを生み出す前に、必要な分だけ生産する社会に変換させる。地に足をつけていたら、お金が優位になる社会はおかしいことが普通にわかる。

あまりに夢遊病の中に生きてしまっている人間たちが地球と生命たちを壊す。
3月1日

この乾燥と花粉で頭がおかしくなりそう。
帯電させないために乾燥しているほうが良いと言っているけれど、今までの寒さとこのあまりの乾燥のおかげで肌はボロボロ。こんなんじゃいくら体力があっても、楽しくない。

老化が止まらない状況では、希望なんかない。長生きなんかするだけ無駄。
苦しい自分を延長させるだけになる。
2月25日

健全を持っていない人が多すぎる。一人一人が何かしら間違っている。
その状態で健全な状態に戻すことなんかできない。

せっかくのチャンスを今は状況を見ていればいいといえてしまうマッチさんって本当におかしい。
だから自分が責められていても、何も言い返せなくなるんだよ。

自分の何がおかしいことすらわからない。だから人の間違いもわからない。そんな人がまともになることなんて絶対にない。

わからない人たちが先頭仕切っていることが間違いだと思いますが、よく考えてほしいです。
2月26日

それにしてもこの状況はいつまで続くんでしょうか?

人が人を殺すことが普通に起きている現実と北朝鮮からミサイルが飛ばされる事態。

ある一部の人たちばかりが得をして、ほかの一部の人たちは生きることに精一杯の状態。

人間以下の動物たちは命を削られることが当たり前で、人間の都合でどうにでもなる。

そんなことが普通に起きている地球で元気に生きていくなんて、妄想でしかない。

いつも一人で誰も手を貸してくれない。誰も頼れない。大切なはるが死んだら、生きる希望もなくなる。なんで人間なんかやらなきゃならないんだよ。
2月20日

あの人たちはいい気になっている。これからは自分たちが作っていくくらいに思っているはず。

今日も雪印のところに集まるマリ尾と濃い水ばあさんの姿あり。
マリ尾もなかなかのずる賢さで、うまく自分をアピールしている。

雪印は主任として高待遇にし、濃い水ばあさんは自分を守ってくれる存在として自分の側近とする。「ここは北朝鮮か?」くらいの不平等を生み出している。

その状況でも雪印はみんなの気持ちを拾っていると思い込んでいるがそうではない。
だいたい濃い水ばあさんと仲良くできることは、みんなの気持ちから離れているからできることだから。そんな奴が楽しそうにしているのを見ると、気分が悪くて不快でならない。

濃い水ばあさんと雪印とマリ尾くんたちは、人間の苦しむ姿を喜ぶ醜い蛇の仲間です。
2月15日

陰湿な蛇の本性がよくわかった日だった。
自分を追い詰める人は排除するやり方を普通にできるクズ。

意見を言う私を追い払い、自分のお気に入りの雪印をそばに置き、安心する。
そうやって自分たちの立場を守って、いい気になっている。

これいつまでそのままでいさせるつもりなんですか?
こんな地球のごみをそのままにさせていいですか?

濃い水ばあさんと濃い水くん。そして雪印は蛇の仲間。ずっと仲良く嫌がらせをするんだろうなぁ。

そしていつも私は邪魔者扱いを受け、隅に追いやられる。本当にそれでいいのか?
人のために動いている私をそんな扱いにしていいのか?

私の周りには極悪蛇がはいつくばっている。
2月14日

本性がよく見える濃い水ばあさん。えこひいきが大好きで、自分の気に入った人間を良い立場に置き、自分のそばにおいて安心するといういつものやり方。ナイカとカナブンと同じこと。

それと一緒になる雪印もまた同じ。この状況だからこそのその人たちのうまい立ち位置。
汚い心が見える。だから嫌悪感がますます増大する。

駄菓子に対しても不快感が増大する。いつものあのバカにうんざりする。
なんで生きてんだ!早くいなくなってほしい。
2月14日

老化がなくなるなんて現象が起こるはずもなく、加速する一方。
太陽にあたりすぎて、顔の老化が起こるし、物忘れも加速するし、今の地球で生きている限り、
身体はボロボロになっていく。

それに逆らおうとする人たちの方がよっぽど気味が悪い。今の現状、老化は自然現象。
年齢に反していつまでも美しくいたいっていうその気持ちが単なる強欲だと思う。

自分を老化させないために、どれだけ無駄なゴミを排出しているのか、動物たちを殺して食べいるのかを思ったら、恐とろしいこになる。

私は食べられるものが少ない。魚もできれば食べたくないし、脂質をとると気持ち悪くなる。
人間でいると無駄な食べ物を食べないといけない状況が生まれてくることに、とても不快になる。

人間なんて本当につまらない。
2月11日

今の自分の状況よりも過酷な場所にいる人たちを笑えてしまうというのは、本当に薄情で、質が悪いと思う。そんなことを普通に口にしている雪印って最低だと思った。

ここはここで、大きな問題を抱えていて、放っておいてよい状態ではない。それなのに、自分のずるい思考が今のままで良いと言うのなら、すべて雪印が引き受ければいいのではないか?
今の状態で良いという現実をあなた自身が引き受ける必要がある。

それもしないくせに、口だけ出してくる雪印は相当に質が悪い。
2月2日

現実を正しく理解できない人が多すぎる。皆、自分勝手な妄想が膨らんでいる。
濃い水親子にマッチに、その他大勢の皆さん。

そして皆さん自分はわかっていると思っている馬鹿な姿を見る。

本当にそれでいいのかがわかるってことは、いつも淡々としていられること。
周りの人たちを仲良しごっこをしているあなたたちは、相当に次元が低いんだよ。
2月2日

それにしてもミャンマーのことも忘れてはいけない。
みんなウクライナばかりに注目しているけれど、ミャンマーだってひどい。

しかも人が人を縛って川に流すとかなんとか言っていた。なんて残酷なんだ。
恐ろしすぎて悲しくなる。
でも動物たちへの扱いは日常茶飯事にされていること。人間なんて大した事ないと思っているかもしれない。

人間の極悪ぶりには拒絶反応が起きる。いつになったらこういうのが消えるんだ?
こんな人間同士の争いなんて終わるまで見たくないし、聞きたくもない。

人間の住処だけでなく、森の中も戦争地帯にし、動物たちはどうしているのかが心配でならない。
逃げ場もなく死ぬだけになってしまっていたら、本当に悲しくて悲しくて生きているのがつらい。

早く人間が減ってほしい。何よりも早く人間の数が減らなければならないと思う。
ほかの生き物が苦しむのはどうしても耐えられない。
1月30日

いつも人はなんのつもりなのか?自分と向き合えずに引きこもっているだけだ。

欧米の人たちは身体に障害があっても自分からどんどん外に出ていく前向きな人たち。
だけど蛇体質の日本人はどうしても、陰気になり引きこもりになる。

人と関わりたくないなら、初めから私の前には出てきてはいけなかったはず。
どれだけ私に迷惑をかけたのかを理解できるなら、もっと前向きにならなければおかしい。
こうなってから、面倒だから一人でいたいという発想そのものがむしろ自分勝手で大迷惑。
1月30日

そしてこの寒さは早く終わってほしい。明け方にマイナス気温になるほど冷やされるのは、
動きを止めらているのと同じことになる。

私の手足もこの寒さで負傷している。本来日本には四季はないらしいけど、地球が自由になれないが故のこの冷え込みにうんざりする。

いったいいつまでこんなことを繰り返されるんだよ!なんの心配もせずに生きられるようになるなんて100億年も先のことなら、いっそのこと地球がなくなればいいと思う。人間を生きなきゃならないことが本当に面倒でならない。
1月29日

職場を混乱させた張本人濃い水親子。
誰よりも病んでいて自分よりもさらに病み力を発揮している濃い水くんは、手の付けようがない。

親子そろって、自己愛が強いため自分の問題を直視できない精神状態のために、自分を改善させることはできない(というよりやる気がない)。

自分の発言ができない。なのに責任者っていうのはどういうことなのか考えたことがないと思う。
普通にみじめな姿を露呈させても、翌日にはまた普通にもどれてしまうその無感覚ぶりには驚くばかり。

だからこうなる。次々と職員が辞めていく職場って、職場環境が劣悪だってこと。
その状況を作った濃い水親子に許す余地を与えていては、地球の未来も終わることを意味していると思う。

本気で変えたいのなら、濃い水親子を追放する必要がある。
1月15日

みんな普通におかしい。なのにそのことには気づく気配もない。

自分がおかしいから、目の前の変な人たちと関わることができることを知ろうとしない。
目の前におかしな現実が噴出しているのに、ただ見ている人たちと一所懸命変えようと必死な人たち。私はどちらにも一線を引いていしまう。

だってこの状況を知らんふりできる鈍感さと、自分が一緒になってしまっていることに気づかないって相当な病だから。

いゃ〜私の職場の現実はすごい。
1月4日

相も変わらず濃い水親子のおかしな様子にはあきれ返る。
やはり相当の人間離れの感覚が、まともな人には理解できない。

話していてもお互いを正しく理解することはできないことを察知するし、勝手な自己判断をやめる気配がない。まともに話ができない時点で、不信感は消えないし、距離も縮まることがないことがわかる。

そしてそれを後押しする雪印も同じだということ。いまの職場の状況を前にして、平然としていられるほうがおかしい。そしてそれを作ったのは濃い水親子だという事実を忘れてはいけない。
大きな責任がその人たちにはある。

私はそれには同調できない。
2023年1月4日

朝の冷え込みが強くて耐えられない。私の手と足は凍って落ちてしまうのではないかと思う。
そのくらい手足が冷える。このままでは身体が動かなくなるのではないか?と思う。

このまま地球の地軸はなくなるのか?地球が自由に動けないと氷の世界も時間も無くならない。
永遠に支配されたままになる。私もこの寒さでは生きるのが嫌になる。

冬の寒さと暗さ(太陽が短い)には辟易している。

topに戻る